ホーム » カテゴリ » 野菜編

野菜編

カボチャが弱った肝臓を元気に

野菜の中にも肝臓を守ってくれるものがあります。

そのひとつがカボチャです。 カボチャは緑黄色野菜の代表選手です。 ビタミンAの効力を持つカロテンが非常に豊富な上、ビタミンEも多く、Cも含まれています。 ビタミンAは欠乏するとがんを発症するとも言われ、ビタミンCとともにがん抑制に役立つと考えられる重要なビタミンです。 肝臓病になると特にビタミンAは不足がちになるので、積極的に補ってやる必要があります。 そして、ビタミンEとビタミンCには、肝細胞の膜を傷つける過酸化脂質の生成を防いだり、できてしまったものを分解したりする働きがあります。 ビタミンEは、肝臓病や動脈硬化の治療にも使われています。 肝臓によって、A、C、Eはまさにビタミンのエースです。 なお、ビタミンAは、油で調理すると5倍以上も有効に働くので、植物油で上手に料理して下さい。

キャベツ

ビタミンUを含むキャベツが肝臓を強くしてくれる。

カボチャと並んで肝臓によいおすすめ野菜がキャベツです。

HOME

野菜編

漢方薬

運営者情報